知っておくといざという時に役立つ家族葬の準備

家族葬は準備が大事

家族葬は準備が大事 大切な家族との別れはとてもさみしいものです。そのため、その家族との別れをどのようにして行うのかは重要なことです。最近では葬儀のあり方も多種多様となってきているため、生前から自分の葬儀の事を考えて葬儀社を回る終活などを行っている人も増えています。終活と一言で言っても、お墓探しや葬儀社選び、もっと範囲を広げると遺言書の作成や部屋の片づけなど、残された人が後々大変な思いをしないように、事前に自分で段取りを決めておくというスタイルを選ぶ高齢者の人も多く、葬儀一つとっても故人の想いを反映させたものを準備するという考えが広がってきています。

そんな終活の中で注目されているのが、葬儀の準備です。特に葬儀に関しては、亡くなってからすぐに取りかからないといけないため、何の下準備もしていないと予定外の出費が出てしまうだけでなく、故人の想いとは違った形で葬儀が執り行われてしまうなど、後々トラブルになってしまうケースも少なくなく、葬儀に関してだけでも事前に準備をしておくといざという時に慌てずに済みます。また、葬儀の下準備をしておくと言っても葬儀のやり方も多様化してきています。昔ながらの仏式の葬儀をするケースもあれば、お寺を呼ばない無宗教の葬儀もそうですが、家族葬のような家族や親しい親族だけで送る小規模な葬儀も人気となっています。

最近人気の家族葬は事前に参加する人数がわかるため、費用の面でも準備しやすく、さらには葬儀の連絡をいれるのも少人数で済むなど大変な作業を簡略化する事ができるという点が最大のメリットと言えます。反対にデメリットもあり、親族への対応が必要となってくるという点です。特に昔ながらのしきたりを大切にする方がまだまだ多い点を考えても、葬儀に呼ばれなかったというだけで不快な思いをする方もいます。その点の対応をしっかりと行う必要があるため、少し面倒と感じる人もいるようです。

家族葬なら小規模で準備もしやすいというイメージがあります。実際に準備は通常の葬儀と比べると参列者が少ない分楽にはなりますが、故人の想いを形にするためには通常よりも費用がかかってしまったり、参列した人が戸惑わないように配慮をしておくなどの心遣いも必要となります。その点を考えると、通常の葬儀よりも少し手がかかってしまう事もあるため、事前に故人の意思を確認し、その想いを叶えてくれる葬儀社を探しておくなどの準備をしておくようにしましょう。思い出に残る家族葬を考えているなら事前相談は必須と考える事が大切です。

お知らせ